助成事業概要

平成30年度(2018年度)助成事業概要
(付:永井・小西奨励賞

I. 助成の種類
 (1-1) 薬学分野における国際的発展性を有する研究・調査及び実践への助成
1. 事業名: 研究助成 (Research Grant)
2. 対象者: 若手研究者(応募時40歳以下)個人又は国際共同研究
3. 助成額: 100万円以内/件、但し、他助成団体等から150万円以上の助成金等を受領した場合には、原則として応募(または、助成金の受領)はできません。
4. 採用件数: 2件程度(総額150万円程度)
5. 採用期間: 4月1日〜翌年3月31日、最長1年間
 (1-2) 博士号取得前の主に外国人留学生を対象としたプレドクトラルフェローシップ は
人材育成のための助成事業(5-1)に移行しました。
 
(2) 薬学分野における研究者・医療従事者・学生*の海外派遣 及び招聘への助成
1. 事業名: 派遣・招聘助成 (Travel Grant)
2. 対象者: 研究者・医療従事者・学生
3. 助成額: 40万円以内/件、助成金額の目安は下記の通り。
東南アジア: 10〜20万円
北米、欧州、豪州: 20〜 40万円
その他: 個別に決定
4. 採用件数: 7件程度(総額200万円程度)*口頭発表を優先して選考いたします。
学生の国際活動奨励のための永井・小西奨励賞(人材育成事業)もあります。
 
(3) 薬学分野における国際研究集会への助成と開催
1. 事業名: 研究集会助成 (Conference Grant)
2. 助成対象: 国際会議主催団体
3. 助成額: 100万円以内/件、当財団主催・共催以外の助成金額の目安は下記の通り
国内開催:50〜100万円
国外開催:1,000〜10,000 US$相当
4. 採用件数: 6件程度(総額400万円程度)
 
(4) 薬学分野において優れた成果に対する表彰への助成と褒賞
  (4-1) 事業名: 褒賞(Award)
1. 事業名: 褒賞(International Award)
2. 対象者: 顕著功績者
3. 要  件: 受賞講演を行う
4. 褒賞額: 褒賞金100万円(交通費、滞在費、諸経費は当財団が負担致します。)
5. 採用人数: 1人(原則西暦偶数年)
  (4-2) 事業名: 優れた成果に対する表彰への助成(Award Grant)
   なお、下記への応募は夫々の学会へお問い合わせ下さい。
A 日本薬剤学会「永井記念国際女性科学者賞」
  〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13 -4 学会支援機構内,日本薬剤学会事務局
B 日本DDS学会永井賞
  〒12-0012 東京都文京区大塚5-3-13-4 学会支援機構内, 日本DDS学会事務局 
C CRS T. Nagai Postdoctoral Research Achievement Award:
  Controlled Release Society, 3340 Pilot Knob Road, St.Paul, MN 5512, USA
D Nagai Award Thailand: The Pharmaceutical Society of Thailand
  Faculty of Pharmaceutical Sciences, Chulalongkorn University, Bangkok 10330, Thailand
 
(5) 人材育成のための助成事業 (Support Grant,Fellowship)
 (5-1) 博士号取得前の学生を対象としたプレドクトラルフェローシップ (Pre-doctoral Fellowship)
1. 事業名: 博士号取得前の学生を対象としたプレドクトラルフェローシップ (Pre-doctoral Fellowship)
2. 対象者: 博士号取得前の大学院生
3. 助成額: 100万円以内/件
4. 採用件数: 3件以内
  5. 採用期間:4月1日〜翌年3月31日。継続して2年間応募ができます。
 (5-2) 人材育成プロジェクトへの助成(Support Grant)
  なお:下記A,Bへの応募は公益社団法人日本薬剤学会事務局へお問い合わせ下さい。
日本薬剤学会学部学生七つ星薬師奨励賞
日本薬剤学会大学院学生スカラシップ
 (5-3) 永井・小西奨励賞(Nagai-Konishi Student Award) 下記永井・小西奨励賞参照
 (5-4) その他の人材育成事業への助成

    なお、(1)-(4)の採択件数・助成金額は予算の都合上、増減することがあります。

II. 応募方法

当財団のホームページ(http://www.nagai-found.or.jp/bosyu/)の応募要項を参照するか、下記問い合わせ先にE-mail又はFAXで応募要項・申請書類を 請求して下さい。

 
III. 選考・決定方法

2月に開催される選考委員会において選考し、3月の理事会で決定いたします。
 決定後、速やかに採否を応募者に通知します(通常3月中旬)。                   なお、応募書類は返却いたしません。

 
IV. 問い合わせ先
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-6 学会センタービル内
       財団法人 永井記念薬学国際交流財団 選考委員会事務局
            FAX: 03-3817-0588
           E-mail: office@nagai-found.or.jp
 
永井・小西奨励賞
(Nagai-Konishi Student Award)
 
国際薬学連合(FIP)副会長経験者であり当財団創立者でもある永井恒司と小西良士の両氏の企画により、将来の薬学とその職能の担い手として活躍する人材の養成の一助となることを願い、学生の国際的活動を奨励する目的で設けられたものであります。 副賞として薬学的な国際会議出席のための助成金が支給されます。
     
1. 応募資格:薬科大学(大学薬学部)の学部学生及び大学院生。
2. 受賞条件:当該年度中(4月1日〜翌年3月31日)に開催される国際薬学連合(FIP)国際会議に出席し、日本の薬学関係者との調和を図りながら、外国人との交友関係の発展に務め、会議運営参加、研究発表、討論参加等を行う。帰国後半年以内に報告書(日本語で3500字程度、又は英文で1300語程度、写真2-3葉)を当財団に提出する。
3. 受賞者数:2名以内
4. 副賞:受賞者には、賞状とともに、副賞として30万円を限度とする渡航経費を助成します。受賞者は、次年度以降も、合わせて在学中に3回まで応募が可能です。
5. 応募方法:A4判の用紙を用い、次の内容を記載した申請書類を当該前年12月20日までに当財団に送付して下さい。
  (1) 申請書(イ)氏名、(ロ)所属、(ハ)参加希望する国際会議(名称、期日、開催場所)、(ニ)履歴(生年月日、出身高校、大学院学生の場合は薬剤師資格について記入して下さい。その他、生徒会役員歴、クラブ活動、ボランティア活動、海外経験等があれば記入して下さい)。
  (2) 申請の目的、抱負(日本文と英文各1ページ以内)
  (3) 所属する薬科大学(大学薬学部)長の推薦書
  (4) 最も近い関係にある教員の推薦書(1ページ以内。本人との関係、コミュニケーションに必要な英会話能力に関する所見などを記入して下さい)。
6. 選考・決定:選考委員会において選考し、その結果に基づき理事会において決定いたします。採否については、当該年3月中旬頃に、申請者に通知します。
7. 奨励賞贈呈:当該年4月1日以降、受賞対象計画の実施が確定したときに贈呈します。
8. その他:応募書類は返却いたしません。
9. 応募書類送付先: (1)申請書、(2)申請の目的はE-mailに添付して office@nagai-found.or.jpへ送付下さい。5.(3、4)の推薦書は推薦人から下記事務局(問い合わせ先と同じ)充てにご送付下さい。
    〒113-0032 東京都文京区弥生2丁目4番16号 学会センタービル内
財団法人永井記念薬学国際交流財団 選考委員会事務局
10. 問い合わせ先:
〒113-0032 東京都文京区弥生2丁目4番16号 学会センタービル内
財団法人永井記念薬学国際交流財団 選考委員会事務局
E-mail: office@nagai-found.or.jp
>>TOP

財団法人 永井記念薬学国際交流財団
特定公益増進法人 : 平成18年12月14日認定更新
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル内
電話/ファックス : 03-3817-0588
E-mail : jimukyoku@nagai-found.or.jp
All Rights Reserved, Copyright(C) The Nagai Foundation Tokyo