永井・小西奨励賞

助成事業・応募要項

1. 応募資格:薬科大学(大学薬学部)の学部学生及び大学院生
2. 受賞条件:当該年度中(4月1日〜翌年3月31日)に開催される国際薬学連合(FIP)国際会議、アジア薬学会連合(AFPS)、国際薬学生連盟(IPSF)国際会議、アジア薬剤師会連盟(FAPA)国際会議に出席し、日本の薬学関係者との調和を図りながら、外国人との交友関係の発展に務め、会議運営参加、研究発表、討論参加等を行う。帰国後半年以内に報告書(日本語で3,500字程度、又は、英文で1,300語程度、写真2〜3葉)を当財団に提出する。
3. 受賞者数:2名以内
4. 副賞:受賞者には、賞状とともに、副賞として30万円を限度とする渡航経費を助成します。受賞者は、次年度以降も、合わせて在学中に3回まで応募が可能です。
5. 応募方法:A4判の用紙を用い、次の内容を記載した申請書類を当該前年12月19日(木)までに当財団事務局に提出して下さい。 PDFファイル / Wordファイル
  (1) 申請書(イ)氏名、(ロ)所属、(ハ)参加希望する国際会議(名称、期日、開催場所)、(ニ)履歴(生年月日、出身高校、大学院学生の場合は薬剤師資格について記入して下さい。その他、生徒会役員歴、クラブ活動、ボランティア活動、海外経験等があれば記入して下さい)。
  (2) 申請の目的・抱負(日本文と英文各1ペ−ジ以内)
  (3) 所属する薬科大学(大学薬学部)長の推薦書
  (4) 最も近い関係にある教員の推薦書(1ペ−ジ以内.本人との関係、コミュニケーションに必要な英会話能力に関する所見などを記入して下さい)。
6. 選考・決定:選考委員会において選考し、その結果に基づき理事会において決定する。採否については、当該年3月27日までに、申請者に通知します。
7. 奨励賞贈呈:当該年4月1日以降、受賞対象計画の実施が確定してから贈呈します。
8. その他:応募書類は返却いたしません。
9. 応募書類宛先
  (1)申請書と(2)申請の目的・抱負はE-mail office@nagai-found.or.jpに添付して送付下さい。推薦書は推薦人から下記宛にご送付下さい。
    〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル内
公益財団法人 永井記念薬学国際交流財団 選考委員会事務局
10. 問い合わせ先:
    〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル内
       公益財団法人 永井記念薬学国際交流財団 選考委員会事務局
         電話:03-3817-0588
           E-mail: office@nagai-found.or.jp
  >応募要項TOPへ/助成事業概要TOPへ

公益財団法人 永井記念薬学国際交流財団
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル内
電話/ファックス : 03-3817-0588
E-mail : jimukyoku@nagai-found.or.jp

助成事業へのお問い合わせはoffice@nagai-found.or.jpへお願いいたします。

All Rights Reserved, Copyright(C) The Nagai Foundation Tokyo